ちまちまてしごと2

おうちかごとあみもの




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
現実逃避 :: 2011/04/25(Mon)

体調が良くないと、ニンゲン何事もマイナスに考えがちですな。

こどものジグソーパズルで、寝てる隙に現実逃避させてもらっています大トトロ4あとで怒られるわあ~ススワタリ

ちまちま てしごと



今日は、ボランティアの会議でした。

担当の先生が面白い事言ってた!


「おかずがいつも3品のところ2品に減っちゃうようじゃボランティアとは言えませんから」


いや~うちは、いつも3品じゃないけどね。

…でもそもそも家事なんて終わりのない仕事でしょう。

がっつり家事をなさるお母さんとは差があれど、大体みんな同じことをやっているのでは…?

その限られた時間の中でやりくりして、ボランティアなり、役員なり、金にならない事をやってるワケだ。

「無理無理!!」って言って一生やらない人も世の中にはたくさん居るワケだ。

どっちが得?

得とか損とかないよね。

誰かがやんなきゃなんない事をお人好し達が引き受けているだけなんだ。

やんなくてもいい事やってる…それって阿呆?

認めて欲しくてやるわけじゃない。

じゃあなんでやるの???う~ん…………わからない……





原発……

キャラじゃないなって思ってずっと書かなかったし、そんなに知識があるわけじゃありません。

なので、本当にチラシの裏に書けば?な発言です。ごめんなさい。

うろ覚えの記憶の中…わたしが10歳に満たない年のころ、チラシを持ったおじさんがやってきた。

今思えばそれは、北海道に原子力発電所♪かなんかだったのかなあ。

そのおじさんは、鉄腕アトムを引き合いに出して(原子の子?うそつけ!)、これで北海道が良くなるよ~的な事を言ってた。

ふうん…ってそんな事何にも重く考えなかった。その時、30代だった私の両親も同じ。

それから、時が経って泊が動き始めた。

同じくして、私は親元を離れ友人達と若気のいたり?バンドなんか始めて、反体制みたいなモノに憧れもあり、原発の本を読み漁った。

ちょうど、広瀬隆氏の「危険な話」がバカ売れしたころです。

単純な私達は、そこに書かれていることをすっかり信じ、セミナーや講習会に顔出し、自分達に何かできる事はないのかと鼻息を荒くしていました。

原発の怖さ、日本みたいな地震大国に原発は置くべきじゃないっていうのはその時叩き込まれた思想だったのかもしれない。

広瀬隆氏は、その後色々バッシングみたいな目に合ってちょっと表には出てこなかった(私が知らないだけかもしれませんが)けど、福島が起こってからまた、メディアに出ているみたいですね。


いくばくかのお金を貰ってる研究者なんかより、きっと本当の事を話してくれる。

それが、大袈裟だ!とか不安を煽るだけ!とか色々意見はあるでしょう。

何を信じるかは、自由。

以上。

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
<<持ち手付きかご | top | ナチュカラ―のかご>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://holyfelt.blog.fc2.com/tb.php/129-7e5fa679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。